トロッコ列車・潮風号 ボランティア駅員

門司港トロッコとは?

2009年4月26日デビュー! トロッコ列車 「潮風号」 門司港を走る!!

    「潮風号」は、JR門司港駅近くから関門橋・和布刈エリアまでの 約2.1kmを、
    のんびりと潮風に吹かれて走る、門司港レトロ観光列車です。
    「潮風号」から眺める風光明媚な景色は格別。
    門司港レトロの新しい魅力を再発見できます。

全国初の観光鉄道として門司港地区に開通

 九州最北端の門司港レトロエリアと和布刈エリアを楽しめるトロッコ列車「潮風号」。
 この愛称は、一般公募によって決定しました。
 「潮風号」は、客車2両の前後にディーゼル機関車を1両ずつ連結させた編成になっています。
 客車は2008年3月まで島原鉄道(長崎県島原市)で使われ、
ディーゼル機関車は2006年11月まで南阿蘇鉄道(熊本県高森町)で運行していたものです。
 また、潮風号が走る約2.1kmの門司港レトロ観光線「北九州レトロライン」は、
鉄道と港で栄えた門司港の歴史を物語る貨物の引込線を活用しています。

 門司港の街並みに合うモダンでおしゃれなデザイン、これが「潮風号」のデザインコンセプトです。
 レンガ色の門司港レトロの建物とも調和が保たれる濃紺を基調とした車体には、
ゴールドのエンブレムや装飾を施し、ヨーロッパの列車を思わせるような上質感を演出しています。
 ブルートレインが廃止になっているだけに、鉄道マニアは必見です。

 客車の座席やテーブルにはナラ材を使用し、落ち着きのある木調の内装が、レトロな雰囲気をかもし出しています。
 座席は、家族連れや団体でも利用できるように、4人がけのボックス席が基本です。
 全開の窓から入る爽やかな潮風に吹かれて、360度のパノラマデッキで絶景ロケーションが楽しめます。

 さらに見逃せないのが、バス・船と連携した周遊券「関門海峡クローバー切符」。
 この周遊券を利用すれば、トロッコ列車に乗った後、関門トンネル人道を歩いて下関側へ。
 さらに、路線バスで唐戸市場をはじめとする下関の見所を回り、関門連絡船に乗って帰って来るというように、
一日かけてゆったりと関門一帯を周遊できます。

 さぁ、「潮風号」に乗ってノスタルジックな旅へ出発しませんか?


(以上の本文は、2009年の「門司港レトロまちぶらマップ Vol.14」の内容を、現在の内容に合わせて編集したものです。)

潮風号

潮風号








潮風号
← 関門海峡めかり方                       九州鉄道記念館方 →

形式 DB101 トラ701 トラ702 DB102
製造年 昭和55年頃 昭和42年 昭和43年 昭和56年頃
当初所有 水資源公団 JR貨物
トラ70942
JR貨物
トラ73938
日本国有鉄道
前改造年 昭和61年
(1986年)
平成9年
(1997年)
平成9年
(1997年)
昭和61年
(1986年)
前所有 南阿蘇鉄道
DB101
島原鉄道
トラ701
島原鉄道
トラ702
南阿蘇鉄道
DB102
最終改造年 平成21年 平成21年 平成21年 平成21年
改造施工 日鉄運輸(株) 西鉄テクノサービス
(株)
西鉄テクノサービス
(株)
日鉄運輸(株)

潮風号に乗るには

[お問合せ] 平成筑豊鉄道株式会社 門司港事務所 TEL:093-331-1065
[公式ホームページ] http://www.retro-line.net

お知らせ

門司港トロッコ応援団

〒801-0841
福岡県北九州市門司区西海岸1-6-2


→お問合せ